雲の墓標 阿川弘之

Yahooのニュースで作家の阿川弘之氏が亡くなったと知った。 戦後の作家であることは知っているが、今では「阿川佐和子氏の父親」ぐらいの印象しかなかった。 その後、夏休みに実家に帰ってからのこと、本棚に私が高校・大学生の時代に買った文庫本の小説が 10冊ほどあったので持ち帰ってきた。その中の一冊に「雲の墓標」があった。 おそらく大学時代であろう、「雲の墓標」を買った理由は、というと受験勉強から解放されて小説をたくさん読むぞ、 という気持ちで書店で新潮文庫のコーナーに行き、たまたま五十音順の先頭にあった阿川弘之を手にしただけである。 気持ち的には、この本棚をかたっぱしからすべて読むぞ、という気持ち...

» 続きを読む

クリスタルガード様メルセデスベンツケアページ

気持ちのいいカーライフのお手伝い名古屋市天白区のクリスタルガードさんの、メルセデスベンツユーザーに向けた特集ページを制作しました。 今後、コンテンツを追加・改訂しながらアクセスの反応を調査、受注に向けて様々なチャレンジを展開していきます。メルセデスベンツユーザーに向け特集ページはこちら

» 続きを読む

7つの習慣

2013年、「7つの習慣」がリバイバルヒットした。 私も一冊所有している。 1996年12月に書版発行、私が持っているのは1998年7月の初版第38刷 15年以上前だ。 タスキには著者スティーブン・コヴィー氏の写真とともに1200万部突破!! のコピー、当時のことはあまり記憶にないが、そうとうなベストセラーだったのだろう。サラリーマンで独身だった自分が購入していたのである。 私の過去と照らし合わせると1999年3月、結婚して半年で最初の会社を辞めて転職しているので、確かにこのころから、仕事としては違うことをしたい、成功への渇望みたいなものはあったと思う。 その後、2つめの会社を退職して起業、所...

» 続きを読む

時間がないといつも思っている自分の新しい試み

いつも時間が足りないと感じています。 自分で二役どころか、三役四役こなさなければならないと感じてしまいます。 企画・営業・制作・情報発信などなど。 最近読んだ本をヒントに、紙に表や文字を書きながら考えていたら ひとつの方法にたどりつきました。 上に書いた4つの役割を単純に一週間に分けてしまいます。 月曜 企画 火曜・水曜 営業 木曜・金曜 制作 土曜・日曜 情報発信 もちろん、このとおりにいくわけではありません。 特に営業などは相手の都合あってのことですから。 曜日を変更したり、一日の中で半日は営業と制作を入れ替えて、なんてことにはなると思います。 しかし、それでも企画と情報発信ができていなく...

» 続きを読む

純粋な音楽価値の評価

クラシック音楽の世界で、現代のベートーベンとして有名になった作曲家が 実は作曲をしていなくてゴーストライターがいたという話、私は楽曲も聴いていなければ、特集されたテレビ番組も見たことがないのでそこに関する感想は特にありません。 ただ音楽の価値を純粋に正当に評価することは難しいなーということは常々感じています。 この楽曲は元どこどこのバンドのメンバーであった誰々が、ギタリストと意気投合して書き上げたとか、その背景のストーリーがあると急に印象が強くなりじっくりと音楽に耳を傾けるようになる、そんな傾向があると思います。 また、あるアーティストの人となりを知って興味を持ったとか、ルックスやストーリーも...

» 続きを読む

名古屋~高知旅行の利用交通機関と料金

2013年12月20日~23日にかけて名古屋~高知へ旅行しました。 その際利用した交通機関と料金について書きます。 コンセプトは、 料金は安く、乗り換えの回数は多くても可能 ただし大きな荷物をもっているのであまり距離は歩きたくない 読書をしたいので座席は確保する、 鉄ちゃんなど公共交通機関好き向けのプランです。 名古屋~大阪難波 近鉄アーバンライナー チケット屋で3200円(通常4150円) 難波~和歌山港~徳島港 企画きっぷ「すきっぷ徳島」でお得な2000円 2014年3月までは使えそう。 難波~和歌山港の特急サザンは座席指定500円 和歌山港~徳島港は広々とじゅうたんでスペース確保 徳島実...

» 続きを読む

実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム

宮島も最初のコーディネートで関わりました名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」の名古屋市交通局の駅貼り広告が現在展開中です。関係する教授・准教授のみなさまが登場する今までの国立大学にはなかった広告だと思います。主な目的は大学院生の募集ですが、広く一般に知れ渡ってほしいとおもいます。 websiteもぜひご訪問ください。http://www.rwdc.is.nagoya-u.ac.jp/index.php   

» 続きを読む

43才を迎えて

43才を迎えました。FBでは多くの方からお祝いメッセージをいただきありがとうございました。 今まで経営者として一家の主として決して成功しているとは言えませんが、まあ勉強だけは続けてきたかな?とぎりぎり及第点という自己採点です。 多くの本を読んできて最近気づいたことは、いろいろと表現は違えども、だいたい成功している人が言っていることは同じことだなーということ。 その中のひとつに「自分がこうなりたいという姿が見えていなければならない」ということ。 稲盛氏は漠然とではなく総天然色で明確に見えなければならない、という言い方をしていたと思います。他のいろいろな本でも同じ意味のことを言っていたと思います。...

» 続きを読む

和製Amazonの作り方

前回、「いろいろな通販サイトを利用しかけたがけっきょくAmazonを使ってしまった」、という話題について書いたが、書籍通販サイトでは絶対に日本企業が入り込む方法がないのか、というとそんなことはないと思う。 hontoを運営する丸善ジュンク堂などは、都市部に大型書店をもっている。 書店を作るノウハウをもっている。 考えようによってはAmazonの物流センターと同様のものをオープンすることは超巨大書店を一店舗オープンすることと似たようなものではないか、と感じる。 イオンなどネットスーパーはネットからの注文専用の物流センターを新規に建設するのではなく既存店舗の店頭からスタッフが商品をピッキングして車...

» 続きを読む

けっきょくAmazonか

私はここ3年ほどAmazonのヘビーユーザーだ。本、CDから家電品、日用品にいたるまで欲しいものがあればまずはAmazonを見て、希望のものが見つかれば即購入している。 品数は豊富だし、商品検索はしやすいし、値段も高くないし、出荷も早い、 本当に便利、満足度は非常に高い状態といえる。他のショッピングサイトを使おうという気にはなかなかならない。 この高い満足度の中、他ショッピングサイトに切り替えようかという気持ちが起こるできごとがあった。ネットのニュースにアメリカの国際企業が英国や日本など外国で展開する事業に対して、かなり大規模な節税策をとって、それぞれの国に法人税をほとんど納めていないという内...

» 続きを読む

«ボストン、その反応は少し違うんじゃないか?

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ